タケノコもらったけど、ヌカも鷹の爪も無いよぉ~

知り合いから、タケノコをいただいた。

家族が道の駅でタケノコを買ってきた。

うれしい。とってもうれしい。

・・・でもね、ウチには今、
アク抜き用の、ヌカも鷹の爪もないのよ。

それに、タケノコを茹でる大きな鍋も無いわ。

どうしたらいいの???

スポンサードリンク

ピンポーンって鳴って出てみたら、タケノコ!

全く予定してない時。
なんなら、今日はもうこれから、
「私の自由時間だ!」
と思っている時。
突然、訪れるタケノコ。

それって、春に起こりがちな事件ですね。

とっても嬉しい。とっても嬉しいです。

でも、今ウチには、アク抜き用のヌカも鷹の爪もない。
大きな鍋もない。

はてさて、どうするべきか。

いただいたタケノコ

放って置くと、水分が抜けて、どんどん固くなります。

さて、どうしましょう?


ヌカの代わりにひとつかみのコメを使う

ヌカが無ければ、お米で代用しましょう。

コメの周りにも、多少のヌカはついています。

ヌカの代わりに、コメをひとつかみ使います。

この際、鷹の爪がなくても、仕方がない。

さっさと下茹でしてしまいましょう。

※もちろん、「ヌカと鷹の爪を買いに行くわよ」という方は、買ってきてくださいね。

先に皮をむいてから茹でる

本当は、皮付きのまま、切込みを入れて下茹でするんですよね。

昔はウチにも、とても大きな鍋がありました。

でも、めったに出番がないので、断捨離してしまいました。

それからは、先に皮をむいて、カサを減らしてから下茹ですることにしました。

スポンサードリンク
鍋に入るサイズになるまで
皮をむきました
コメひとつかみを入れて
水から茹でています
竹串を刺してみて
スッと刺されば下茹で完了です

下茹でが出来たら、冷めるまで鍋のまま置いておきます。

そうすると、アクも落ち着いてきます。


ウチでは、お湯が冷めてから取り出して、
水洗いして、皮をむいて、
すぐ料理につかえる状態にして、
ビニール袋にいれて冷蔵庫に保管します。

それで、1週間とちょっとくらいは大丈夫です。

炒めもの、和え物、スープ、味噌汁。
何にでも使っていきます。


これは、初物のタケノコを見て、我慢ならなくなった私と娘が、
せっかちに
下茹でのお湯が熱いうちにタケノコを取り出して作った
若竹煮です。

早く食べたい、味が染みるまで待ってられないと、
お出汁をヒタヒタに入れて盛り付けています。

煮物の味は、グツグツ煮ている最中に染みるわけではありません。
煮上がって、熱々の状態から冷めていく途中で、
食材に味が染み込んでいくのです。

今回は、食い気に負けて、冷めるまで待てなかったので、
お出汁と共に食べることにしました。


結局・・・

下茹でのお湯が熱いうちに取り出して調理したので、
あまりアクが抜けていませんでした。

そして、若竹煮の出汁のお味もタケノコに染み込んでいません。

それでも、初物のタケノコって美味しいんですよね~。

「熱っ!」と言いながら、
「アクきつーっ!」と言いながら、
ハフハフ食べて、
娘と二人、大満足でした。


タケノコの下茹では、出来るだけ早く!

ヌカの代わりに、ひとつかみのコメを使っても、
冷めてから取り出したタケノコは
ちゃんとアクが抜けていましたよ。

突然タケノコをいただいたら、
あるもので工夫して下茹でしてみてくださいね。

スポンサードリンク