ハンバーグ、カンタンに作りたい!


スーパーに行ったら、ミンチが安かった!

今日はハンバーグの気分!!

でもね、こねて成形して、焼くのが面倒なのよね・・・

そんな時は、こんな手抜きハンバーグはいかがですか?

使用する道具は、

○ 耐熱容器

○ フードプロセッサー

○ オーブン

他は、ボウルや包丁、まな板とか。

計量なし。すべて目分量。

つまり、「適当に」ってことです。

では、作ってみますね。

今回使ったミンチは、

○ 合いびきミンチ 450グラム

○ 牛ミンチ    150グラム

です。

これを、買ってきたトレーからボウルに移します。

この時点で、

塩コショー、ナツメグを適当な量ふりかけます。

ちなみに、ナツメグは、全体にハラハラと2~3振り、かけるくらいです。

軽く香り付けが出来たらOK!

ひとビン全部かけちゃうと、中毒症状が出て救急車を呼ぶことになりますよ。

気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

茶色いのは、とんかつソースです。

私は隠し味にとんかつソースを使いますが、なくても大丈夫です。


他の材料は、

○ 牛乳でしめらせたパン粉(なくても大丈夫)

○ 卵 1個

○ 玉ねぎ 1個

○ ニンジン 1本

○ ピーマン 3個

冷蔵庫の残り野菜を使ったらいいです。

私は、しいたけを入れるのが好きなのですが、

無かったので、今日はガマン。



玉ねぎを適当な大きさに切って、

フードプロセッサーでみじん切りにして加えます。


ニンジンを適当な大きさに切って、

フードプロセッサーでみじん切りにして加えます。


ピーマンを適当な大きさに切って、

フードプロセッサーでみじん切りにして加えます。


牛乳でしめらせたパン粉、

卵を入れて、

塩コショーやナツメグをふりかけます。


ねばりが出るまでこねます。


耐熱皿に入れて、

指の背で、表面をなめらかに整えます。




予熱をしたオーブンに入れて、焼きます。



私の場合、はじめは高温で焼いて

肉の表面を引き締めます。

加熱温度が低いと、肉汁がダラダラ流れ出て

くさみが出るように思います。

最初は、250度で 5~6分焼きます。

それから、220度くらいで、じっくり15~20分。

中まで火が通るように。

時々様子を見て、火加減や焼き時間を調節してくださいね。

今回はしませんでしたが、

仕上げに「とろけるチーズ」を乗せて、

高温で焦げ目をつけても美味しいです。



焼き上がったら、そのままテーブルへ。

フライ返しで、取りやすい大きさにサクサク切っておいて、

家族に、それぞれ好きなだけ取ってもらいます。

カンタンでしょ?

余ったら、翌日のお昼に

チャーハンの具にしてみても。

具を耐熱皿に入れてしまえば、

あとはオーブンにお任せなので、

その間に洗い物やら、サラダ作りなどやってしまえば、

焼き上がりを待つ間はフリータイムです。

ゆっくりお茶を飲むのもよし。

洗濯物をたたむのもよし。

楽ですよ~(*^^*)

ところで、ウチのフードプロセッサーは、

もう30年使っています。

単純な構造のものなので、丈夫で洗いやすくて

とても助かってます^^

うちのフードプロセッサーは  ↓ の昔の型です。「Panasonic」が「National」だった頃のモノです(*^^*)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

No Widget

ウィジェットを設定してご使用ください

▲トップへ戻る