パソコン初心者の気づき。ダハク(艦)を恋う。


ストアカ の先生にWord Pressのバックアップ・更新の方法を習って、ひと心地つきました。

レッスンの感想を真面目に述べたら、先生に爆笑されました。

 

わたしのレノボにバックアップ作業をするとき、

レノボは同時に3つの作業をしました。

 

①先生のUSBからの情報をダウンロードする。

②FTPのバックアップ

③データベースのバックアップ

です。

 

すごくないですか?

同時に3つの仕事をこなすんですよ!

この子が、そんな働き者だとは思いませんでした。

わたし一人なら、上記①②③の作業を同時にさせることは決してなかったでしょう。

①が終わってから②

②が終わってから③

③が終わってから、別の作業。

普通にそうします。

 

先生は大爆笑で

「いえ、パソコンってそもそも幾つもの作業を同時にするものですから。」

 

それはそうでしょうけど、それは他所のパソコンの話で

うちのレノボがそんなに働いてくれるなんて思ってませんでした。

 

「レノボなら出来ますよ。」

 

なんだか、学校の個人懇談みたいになってしまいました。

・・・子どもの頼りになる一面を、担任の先生から知らされる母の図・・・

 

もし、うちの子どもに

「洗濯物入れて畳んで、お風呂沸かして、お米といで炊飯器セットして、回覧板まわしといてね」

と言って出かけたとしたら、

例えば3時間後に帰宅したときに完了しているタスクは1つか2つ程度のはず。

最悪すべて無視されてることもあります。

もし、全部完了している場合、

子ども本人のバージョンアップのために課金が必要で

その費用を甘えた声で請求される事態が起こる可能性があります。

 

 

スポンサーリンク




 

 

そう言えば、と先生がある生徒さんのお話をしてくれました。

 

その方は講義を終えたとき、

 

「先生、わたし分かりました。

パソコンって、ほんとにどうしようもなくダメなやつなんですね。」

と仰ったそうです。

 

「えっ、どういう事ですか?」

 

「めちゃくちゃ賢いし、計算も早いし、覚えもいいけど、指示がないと動けない。

究極の指示待ち族じゃないですか。」

 

本人の機転がきけば、

「バックアップを消去して」と指示されたら

「えっ、バックアップですよ。マズいでしょ。本当にいいんですか?」

って確認してきますよね。

でもパソコンって、

「バックアップを消去して」と指示されたら

本当に消去してしまう。

指示がないと何にも出来ないし、指示があるとただただ従うのみ。

 

あぁ、職場にそんな後輩いたらイヤだなぁ。

 

ものすごく賛同してしまって、

その方に座布団3枚差し上げたくなりました。

 

楽しかったレッスンの帰り道、

電車の中で、「究極の指示待ち族でないコンピューター」

ハヤカワ文庫『反逆者の月』のダハクのことを思い出しました。

※注 ドラゴンではありません。

 

近頃、ハヤカワが足りてないなぁ・・・
ブログでお小遣いを稼げるようになったら、思う存分ハヤカワ三昧したいです。

 

 

スポンサーリンク




 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


管理人


管理人の
    がぁこ  です。

ご訪問、ありがとうございます。

寝るの大好き。遊ぶの大好き。
お気楽者でございます。

ネットビジネス研究家@初心者です。

カテゴリー

No Widget

ウィジェットを設定してご使用ください

▲トップへ戻る