はじめてネットビジネスの片鱗を覗いた時のことーその3


動画は結局、合計5話くらい配信されたかなぁ・・・

とにかく、山あり谷あり、プレゼンの上手さに感心させられる動画でした。

ネットビジネスに関係なく、こんな風に見込み客の感情を鼓舞できる人は、何をセールスしてもダントツの成績を上げるんだろうな・・・

 

とにかく真剣に、真面目に、しっかり、じっくり動画を観ました。

同時に送られてくる長いメールも、一語一句、一生懸命読みました。

 

「誰でも楽に稼げる方法があるの?」

という、知らなかった世界を知りたい好奇心の虜になってしまってました。

 

「ASPへの登録もこちらでやるので、皆さんは何もしなくていいんですよ。」

「えー、普通自分でASPさん探してひとつひとつ登録していかなきゃいけないじゃないですか。それを代わりにやってくれるんですか?!」

 

などというやり取りを聞いて

「A・・・P?って何のこと?」

「何のことかわからないけど、難しい手続きを代行してくれるんならやりやすいのかな?」

「親切なシステムなのね。」

と思いました。
(今から思うと、ASPさんを自分で選べないなんて、絶対イヤですね・・・)

 

違和感を感じて気持ちが引いた瞬間がありました。

今まで穏やかな笑顔だった司会の方が、突然泣き出して、熱く語りだしたのです。

今まであなたはちゃんと努力してきたんですか?

努力をせずに、言い訳ばかりしてるんじゃないですか?

そんなことを言われてました。

 

・・・いえ、いきなりそんなこと言われても・・・

何のことでしょうか?

 

ネットビジネスで成功している方々は、最初のころは、

ろくに睡眠や食事をとらず、ひたすらパソコン前で作業を続ける期間があったそうです。

パソコン前で寝落ちして、椅子からころげ落ちてハッと気が付くというギリギリの日々を過ごしてきたと。

そこまで努力してない貴方が「稼げない稼げない」と文句を言ったって自業自得ですよ。

・・・そんな内容だったと思います。

 

わかりました。肝に銘じます。

だけどね、ネットビジネスのことを初めて教わる人に向かってそんな説明の仕方はないんじゃないかな。

それとも、この先生方は、今誰かから執拗なクレームを受けて困っているのかな?

その誰かに向かって威嚇するシーンだったのかな?

 

あと、もう一点。ちょうどその頃、娘に

「おかあさん、Twitter乗っ取られてるんちゃう?」

と言われました。

「突然何かの宗教にはまったようなツイートしてるけど?」

 

その動画を一話見終わるごとに、コメントを送るように求められていました。

コメント送信の方法が、

Twitterを使うかFacebookを使うか。

他の方法もあったのかも知れないけど、スマホの小さい画面で視聴していたので見つけられませんでした。

コメントを送信して、真面目に取り組んでいると認められる人だけをプロジェクトに参加させてあげますということだったので、一応きちんと感謝のコメントを毎回送っていました。

 

ただ、情報弱者のわたしも

「いつも使っているFacebookでコメントするのはやめたほうがいいかも」

と思って、娘のみが見ることができるように設定しているTwitterでコメントをしていました。

 

まさかそのコメント欄で、「楽して簡単に稼げる方法があるって本当?」という、
友達に知られたら「騙されてるよ!目を覚ましな!」と一喝されるような好奇心を、
つながりのある人たちにダダ漏れさせる方法を指示されるとは思ってなかったので、
かなりショックを受けました。

 

娘しか見れない設定ながら、結果的にツイートした形になっていたコメントを速攻で全部削除。

 

ネット業界の実力者だから、TwitterやFacebookを使ってのコメントは、当然一般非公開になるように設定してくれているんだろうと勝手に思っていた自分の甘さに気が付きました。

 

同時に、そのプロジェクトの宣伝戦略に脱帽しました。

 

Facebookで実名でコメントしていた方々、大丈夫かな?

心配になってきました。

 

・・・続く・・・

 

 

スポンサーリンク



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


管理人


管理人の
    がぁこ  です。

ご訪問、ありがとうございます。

寝るの大好き。遊ぶの大好き。
お気楽者でございます。

ネットビジネス研究家@初心者です。

カテゴリー

No Widget

ウィジェットを設定してご使用ください

▲トップへ戻る